骨粗鬆症を前もって予防|脊柱管狭窄症も脂漏性角化症も怖くNAI!

先生

様々な検査法と治療法

サプリメント

甲状腺の病気は何種類もあります。代表的なものだと、甲状腺がんやバセドウ病(甲状腺機能亢進症)などが挙げられます。他にも、橋本病(甲状腺機能低下症)や亜急性甲状腺炎などがあります。がんの一種でもある甲状腺がんは、甲状腺の病気としては認知度が高く、そのほとんどが遺伝による影響で発生するということでも有名です。放射能を多量に照射されることで発症するケースも確認されています。甲状腺がんの自覚症状は、甲状腺に現れるしこりによって発覚します。ただしこりが出てくる前から怠けや冷えなどが心身に現れることもあります。治療法には、手術とホルモン療法が適用されます。まずは手術によって甲状腺にできた癌を取り除きます。その後、放射性ヨードの内服によるホルモン療法を行ないます。

甲状腺の病気に関する検査や治療法には、様々な方法が用いられています。甲状腺の病気の検査には、甲状腺の自己抗体やサイログロブリン、ホルモン検査などが適用されます。場合によっては穿刺吸引細胞診やCT撮影、シンチグラフィー診断などが行なわれることもあります。治療法も様々で、内服薬による治療やアイソトープ、ペイトなどが甲状腺の病気に関する治療法として適用されています。しこりがかなり大きくなっており、体内の器官に何らかの影響を及ぼしているのであれば、外科手術によって治療が行なわれることもあります。悪性腫瘍であった場合も、手術による治療が優先的に入るケースがほとんどです。